メニュー Menu

feature「マリッジ宝塚」の特徴

マリッジ宝塚は会員全員のご成婚が目標です。代表が直に会員の結婚相談・お悩み相談に対応しております。

マリッジ宝塚の代表は関西学院OBです。学院のスクールモットーは”Mastery for Service”(奉仕のための練達)を体現する創造的かつ有能な世界市民を育むという理念をもち、リベラルアーツの精神を礎に人生をよく生きるための『人としての基本』、すなわち他者への思いやりや優しさ、倫理観を備え、時代や社会の流れを明確にとらえ柔軟に対応する力を培うことです。

マリッジ宝塚は関西学院のスクールモットーである ”Mastery for Service”を具現化する為「幸せな結婚を希望してマリッジ宝塚に入会された全ての方の御成婚」を目標とする阪神間中心に質の高い良縁を仲人が成婚まで誠実にお世話している信頼と実績の結婚相談所です。特にマリッジ宝塚の会員は医師、薬剤師等の医療系有資格者と京都大学、神戸大学、大阪大学、大阪市立大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学等の関西の名門大学卒の質の高い会員が多く在籍しております。

マリッジ宝塚は安心して入会後の会員が結婚活動できるよう代表自ら入会時初回研修含め、ご家族様迄含めて丁寧に無駄の無い短期間に結婚できる結婚活動のやり方、方法を、ご説明させて頂いております。また会員からの各種の細かいご相談やご質問にも直ぐに回答し「居心地の良い素敵なお相手紹介」「効率の良いお見合いの申込み指導や交際指導」「素敵な伴侶を早く得る方法」等、成婚に至るための各種の個別研修も実施し会員及びご家族から大変喜ばれております。

伊丹で結婚相談なら「マリッジ宝塚」へ

伊丹で結婚相談されるなら、マリッジ宝塚へお電話ください。

関西学院大学OBが運営し神戸薬科大学卒の現役薬剤師が所長であり独自の質の高いネットワークによる質の高い良縁を阪神間中心にご紹介しております。全ての会員様のご成婚を目指し、ご成婚まで粘り強くサポートしています。お家柄重視の方の為に手作りの良縁紹介と昔ながらの釣書にも対応しています。

ブライダルコラム「韓国の伝統的な結婚式」

日本とは見た目も文化もそっくりな近隣国として知られる韓国ですが、結婚式の執り行い方は大きく違います。
やはりアジア諸国の中では日本のように堅苦しいものではなく、比較的中国と似た仕方で行なわれる事が多いようですが、韓国ならではの風習がふんだんに取り入れられています。

結婚式前の段取り

●相見礼(サンギョルレ)
両家の両親や親族全員が顔を合わせて結婚について相談する席の事で、この場で結婚の許しをもらい、近親者に結婚の報告をする事になります。
一般的に結婚式の半年前に持つ大事な場となっています。

●礼緞(イェダン)
昔は希少価値のあった絹を新婦が新郎の家に送って、礼儀を示していたのが始まりで、現在では新婦が結婚の時に新郎の家族に挨拶代わりに贈り物を贈る事を指しています。
一般的に結婚式の70日前にされる習慣です。

●函(ハム)
新婦が新郎の家に送る贈り物を「礼緞」と言いますが、逆に新郎が新婦の家に送る感謝の贈り物を「函」と言います。
本来結婚式の前日に贈るのが原則となっていますが、結婚式が決まった後は日にちを決めて送るのが一般的です。
結婚式の10日前に行なうとされています。

結婚式

近年韓国でもっとも多いポピュラーなのは教会や寺院ではなく、「礼式場(イェシクジャン)」と呼ばれる専門結婚式場で行うスタイルです。
その形式の式で新郎新婦は幣帛(ペベク)と呼ばれる挨拶の儀式をした後、出席者に挨拶して回るのみで、20分ほどで終了し、その後食事(披露宴)となる大変シンプル・スピーディな式です。

食事には必ず「クッス」と呼ばれる素麺が含まれており、これは夫婦の縁が長く続くようにとの願いが込められています。
出席者の服は中国と号と同じく普段着でもOKで、新郎新婦が出席者に深々とお辞儀をする風習も中国と似たスタイルです。
その他ご祝儀に関しても、受付ではなく本人たちに直接渡す事が可能で、受付で渡したご祝儀は親の元へ、直接渡してもらったご祝儀は本人たちへの渡されるのが一般的なようです。
出席者に引き出物はありません。
ところどころ中国と似た特徴を持つと言えます。

礼式場とは違いホテルでの挙式をする場合、出席者は円卓に座り、コース料理が出されます。

その他、ちょっと変わった挙式スタイルとして伝統結婚式があり、天気が良ければ挙式は野外で行われます。
また、宗教系では教会や寺院で挙式が行われます。

結婚式後の段取り

●新婦の家を訪問
新婚旅行から戻ってき夫婦が新婦の家に挨拶に行き、その日は新婦の両親の部屋で一緒に一晩を過ごす習慣です。
これは、娘が妻として戻ってきたことを記念し、祝福するという意味を持っているようです。

翌日、新婚夫婦は新婦の母親が用意した食べ物を持って新郎の家に行きます。
結婚式の7日後に行なうとされます。

伊丹で結婚をお考えの方へ

マリッジ宝塚は、挙式の専門ではありませんが、結婚に関するいろいろなご相談にのらせていただいております。

伊丹で結婚相談ならびにウェディングに関するあれこれについてお悩みのことがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。